読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅立つ君へ

旅で得たことを伝えるブログ

東欧旅行記7日目 パトラッシュ、僕も見たんだよ。宿は浮いていた

フランダースの犬』の最終回で、ネロが見たルーベンスの絵を見にアントワープへ。
聖堂内が一部工事してて、キリスト復活の絵は隙間から見えた。

f:id:mikappe:20160417125204j:plain

20160417125318

20160417124922

YHを予約しに電車に乗る。路線図もしっかり確認した。のに。
乗った電車も間違っていない。のに。
降りる駅がない。
しばらく乗っていたけど、このままだとネロとパトラッシュが住んでた村まで行ってしまうので、 どこだかわからないけど、とりあえず降りて彷徨う。
ベルギールクセンブルクでは、黒人さんやイスラム教の女性をよく目にした。
マックの店員さんまでベールしてた。
その辺の子供や、ポリス、工事現場のおっちゃんにも道を聞いたが、4時間迷って、結局あきらめた。
私の宿探しは、ユースホステル協会発行の『ヨーロッパ3000円の宿』を頼りにしていたが、 ほとんどのユースホステルは辺鄙なところにあり、地図も手書きでわかりにくい。
私の旅は、ユースホステルを探す旅かむかっ(怒り)って、何度思ったことか。
まあ私の方向音痴がひどすぎるのもある。
勘で行ったり、間違ってるとわかっていてもすぐに軌道修正せず、いつかたどり着けるだろうと、粘る。
4時間迷ったのも、こんなに探したんじゃけえもう少し頑張ろうという、粘りから。

予定を早めてゲントに移動。
ゲントのYHに行くと、この旅最初で最後の満室で、近くのホステルを紹介してもらった。
15分のところ小1時間迷ってたどり着いたが、絶対ここっていうところに建物がない。

終わった・・・。

途方に暮れて、ふと辺りを見渡すと・・・

あっ!た。

その宿は、川に浮かんでいた。
・・・ボートやん。

f:id:mikappe:20160417130040j:plain

・・・ちょっと、笑った。

 

2016年4月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
今思えば、ネロとパトラッシュの村まで行けばよかったです。
ボートの宿を見つけた時は、うれしくてへなへなして泣きそうになりました。

 

*関連記事*