読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅立つ君へ

旅で得たことを伝えるブログ

東欧旅行記27日目 グッバイハンガリー オーストリア・ウイーンへ

宿の前でSちゃん&Y君とお別れ。
列車に乗るまで時間があったので、宿に荷物を置いて、大きい市場にお土産を買いに行く。
最後にジェルボーに行くつもりだったのに、タイムオーバーショートケーキ涙
宿に戻り、また重たい荷物を背負った。
玄関でMさんが一人見送ってくれた。
『行ってらっしゃい』、と。

f:id:mikappe:20160508065556j:plain

最後の国、オーストリア・ウィーンへ。
車窓に広がる菜の花畑。
これこれ。もうこの景色だけでいいよね。

f:id:mikappe:20160508065617j:plain

ウィーンにあの、天〇屋のレストランがあるということで、こりゃあ行っとかにゃあいけんじゃろおダッシュ(走り出す様)と、テンションが上がってきたグッド(上向き矢印)
店にはお寿司屋さんみたいなカウンターと板さん、スタッフもお客さんも日本人が多く、日本の和食屋そのもの。
天丼、うまかったどんぶり

f:id:mikappe:20160508065643j:plain

2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
元天〇屋関係者です。

東欧旅行記26日目 ブダペスト世界一美しいマクドナルド

毎日同じ店に買い出しに行ったり、地下鉄も乗りこなせるようになった。
私の憧れの『暮らすように旅する』に、少しは近づけたかな。
ナンダカンダ言って、私はここにこの旅最長の6日間いた。
あちらこちらから、『沈没』という声が聞こえてくる。
しかし、私はSちゃん以外の人とは、ほとんどコミュニケーションが取れていなかった。
シェア飯とその後の団らんの時間は相変わらずなじめず、Sちゃんがいないといい年こいてそわそわして落ちつかなかった。
ハンガリーを楽しめたのは、ほんとSちゃんのおかげ。ありがとう。

 

午前中は一人で英雄広場に行き、帰ってSちゃんに世界一美しいと言われるマックに付き合ってもらった。
ブダペスト西駅にあるマックで、1階がマック、2階がマックカフェ、天井が高くて豪華。

f:id:mikappe:20160508064618j:plain

f:id:mikappe:20160508064638j:plain

f:id:mikappe:20160508064658j:plain

お金を下ろそうとしたら下ろせず、イーバンクに電話したり、友達に電話したりと往生する。
仕方ないから人生初のキャッシング。お金がすんなり出てきた。
(帰国後、そのカードはVISAデビット機能が終了していたことが判明)

 

SちゃんとY君のクロアチア行きが決まった。
ハンガリーに来る前、次に行く国はスロベニアクロアチアと考えていたけど、ハンガリーの居心地の良さに、最後まで腰は上がらず。
私もクロアチアに誘ってもらったが、帰国日が迫っている。
行けなくもなかったけど、前日にはドイツに戻っていたかったので、残念だったがあきらめた。
最後の夜も話が盛り上がり、とても楽しい時間だった。


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
6日で沈没は早いですね。
このあとSちゃんとY君、クロアチアで乗る汽車だかバスだかが来なくて、相当やばかったらしく、一緒に行ってたらと思うと・・・ぞっとします(^_^;)

東欧旅行記25日目ハンガリー 世界一かわいい村 世界遺産ホッロークー

SちゃんとRくんと世界遺産ホッロークーへやって来た。
Rくんはハンガリーに留学している早大生(だったと思う)で、時々宿にごはんを食べに来る。もちろん、英ぺだ。
昨夜、『起きれたら行く』と言っていた宿の男子チームは、誰一人起きてこなかった。

 

ホッロークー、マジかわいかった。
建物がかわいい。
赤い花がかわいい。
景色がかわいい。
民族衣装のおばあちゃんがかわいい。
それは、自分もかわいくなりたい、と強く思ったほど。

f:id:mikappe:20160508062621j:plain

f:id:mikappe:20160508062641j:plain

f:id:mikappe:20160508062705j:plain

f:id:mikappe:20160508062723j:plain

f:id:mikappe:20160508062748j:plain

f:id:mikappe:20160508062809j:plain


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
ここでは「かわいい」の連発でした。
伝統的集落ですが、火事などもあったようで、建物自体は新しかったです。
おだやかな生活の営みも感じられました。

東欧旅行記24日目ハンガリー 雑貨にハマるセンテンドレ

Sちゃんとバスでセンテンドレへ。
街のサイズが好きだ。
カフェでピタパンを食べブラブラ。
ハンガリーの雑貨かわいすぎる。
しかも安いので、余計かわいい。
刺繍入りミニバッグを買ったお店のおばあちゃんもかわいかった。

f:id:mikappe:20160508060533j:plain

f:id:mikappe:20160508060608j:plain

f:id:mikappe:20160508060845j:plain

MさんとGさんが2年前にもタイで会っていたことが判明。
2人とも、旅に出てもう2年になるそうだ。
宿には世界一周してる人、先週日本に帰って今週また来た人、1ヶ月で15カ国周った人、ハンガリーの小さな村で日本語を教えている人など、いろんな人がいた。

 

旅に出て3週間が過ぎた。
終わりが近い。


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
ハンガリーの雑貨はおみやげでも大好評でした。

 

東欧旅行記23日目ハンガリー 残念なエチェリ市場と初夜景

Sちゃんとバスで郊外のエチェリ市場に行ったけど、閑散としていて全く活気がなかった。
土日しか開いてない店が多いようで、平日はこんなもんらしい。残念。

f:id:mikappe:20160508055632j:plain

f:id:mikappe:20160508055653j:plain

f:id:mikappe:20160508055711j:plain

ホステルオーナーのN先生に、車に乗れる限度の4人だけ夜景を見に連れて行って
もらう。
どこの国でも、明るいうちに宿に帰ることを心がけていたので、安心して夜景を楽しめてうれしかった。

f:id:mikappe:20160508055729j:plain


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
ヨーロッパの景色に飽きていましたが、夜景はさすがにきれいでした。

 

東欧旅行記22日目 ぶらぶらブダペスト

朝起きたら、横のベッドで寝ている女の子がいた。
私の日本人宿での救世主となる、Sちゃん。
昨日は部屋に荷物だけ置いてあって、まだ会っていなかった。
彼女も火山の影響で、ワーホリ先のアイルランドにしばらく帰れなくなり、昨日は日帰りでスロバキアに行ってきたそうだ。

地下鉄に乗って、ホッロークー行きのバスの時間を調べに行き、またブダペストの街をぶらぶら。
オペラハウスの見学をした。
本物のオペラが見たいけど、こんな汚い格好じゃ恥ずかしい。
でも1~2ユーロで見られる席もあって、いつも大人気なんだって。

f:id:mikappe:20160507184811j:plain
老舗カフェ、ジェルボーのオープンテラスで甘~いケーキ、エステルハージートルタに舌鼓。
でも斜め前に座ってるおねえちゃんのパフェがめっちゃおいしそうボケーっとした顔
パフェはチェックしとらんかった~げっそり
公園のベンチでつい居眠り。相変わらず危機管理がなっとらん。

f:id:mikappe:20160507184837j:plain

f:id:mikappe:20160507184856j:plain

女子部屋は私の滞在中、1日を除いてずっとSちゃんと2人だった。
火山の影響で、予約のキャンセルも相次いでいて、現実を目の当たりにすると、私も予定通り帰れるのか心配に…。
3時頃までSちゃんとダベって、一緒に観光することになった。
Sちゃん、元気ですか?


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
ケーキ倒れちゃってますね。今だったらパフェも食べる。
Sちゃんはやわらかい雰囲気で、私の天使でした。

東欧旅行記21日目 ハンガリー・ブダペスト 初日本人宿

7カ国目、ハンガリー
スロバキアでトイレ休憩したけど、行った国に入るかね?
朝早くブダペストに到着。
新しい国に降り立つ時は、いつも緊張する。
でも今回は日本人宿に予約しているので、いつもより気分が楽。
実は、今まで日本人宿はあえて避けていた。
群がる日本人の習性、人見知りの私にとって、辛い環境になることは容易に想像できた。
それでも日本人宿を選んだのは、アイスランドの火山の影響の情報が欲しかったから。

 

日本人パッカーの間で超有名な『アンダンテホステル』。
私は知らなかったけど、特に日本食のシェア飯が有名らしく、早速シェフで旅人なのに、ここのスタッフのMさんに声をかけていただいた。
半分うれしく、半分憂鬱な気分で、『お願いします』と答えたが。
ここは宿泊客だけでなく、ハンガリー在住の日本人留学生や、日本好きのハンガリー人の方も出入りしていて、すでに出来上がってる輪に中に入っていくのは辛かった。
久しぶりのまともなごはんは本当においしかったけど、やっぱり、だめだ。

f:id:mikappe:20160501161053j:plain

ブダペスト散策。足痛い~。
ドナウ川は、青くなかった。

f:id:mikappe:20160501161121j:plain

f:id:mikappe:20160501161147j:plain

f:id:mikappe:20160501161210j:plain

f:id:mikappe:20160501161246j:plain


2016年5月追記
この旅行記は2010年3~4月のものです。
『美しき青きドナウ』は、青くなかったですが優雅でした。
シェア飯は、宿泊者が買い出しに行って、Mさんが全員分のごはんを作ってくれ、割り勘でお金を徴収といった感じでした。